img_02

たちばな

銘菓 橘嶋 賀美の郷

橘の果実のさわやかな酸味と甘さ控えめなこしあんがお口に広がります。
ご神木から採れる橘の果実をペーストにして使った縁起のいいお菓子です。

現在の地名の原形となる古代からの呼称を冠し、氏神様のご神木が橘であるのに因んで天然記念物指定の橘から採った実をペーストにし、こしあんで包みました。不老不死の実、橘は「果子」と呼ばれ菓子の語源となりました。
橘は、菓祖 田道間守(たじまもり)をまつる橘本神社から特別に分けていただきました。日本で最初に植えられたところで、日本のかんきつ類の原種といわれます。ひな祭りで飾る左近の桜、右近の橘などで知られ、実がよくなることから西の方角に植え、子孫繁栄を願いました。

 

●和菓子への想い

厳選した素材を活かすこだわりの製法で和菓子に生命を与え、食べた人から笑顔があふれだす「まごころ込めた和菓子創り」に日々精進しています。日本の古き良き伝統や文化を絶やさず発信し続け、和菓子に込めた日本の心、日本の美意識を皆様にお伝えしていきたいと想っています。