img_02

銘菓 ひらの庄巻(和風ロールケーキ)

わが町が「ひらの」と呼ばれ始めたのは、 平安時代末期のころ。 摂津国住吉郡平野庄・・・ そこで五十五年を歩んだ和菓子の「招喜」が 平野の地にちなんだ新しい和菓子をと、 和と洋のコラボで作り上げた『ひらの庄巻』です。 平野を自慢するお土産にどうぞ!

『平野 ゆかりの食材』

○太閤秀吉が醍醐の花見で飲んだという純米吟醸酒「平野酒」

○一番挽きで作られた口溶けの良い「こしあん」

○新鮮で自然風味豊かな大阪の「地玉子」

○熱風焙煎で煎り上げた香ばしい「黒豆きなこ」

を使い、黒豆きなこをスポンジに練りこみ、 ふんわりと焼き上げました。 黒豆の香ばしさと甘さ控えめの生クリームに、 あっさりこしあんが絶妙なハーモニーを奏でます。 平野ゆかりの素材が巻物になっての 『ひらの庄巻』の誕生です。

●和菓子への想い

厳選した素材を活かすこだわりの製法で和菓子に生命を与え、食べた人から笑顔があふれだす「まごころ込めた和菓子創り」に日々精進しています。日本の古き良き伝統や文化を絶やさず発信し続け、和菓子に込めた日本の心、日本の美意識を皆様にお伝えしていきたいと想っています。